導入事例

BACK

HRtech“投資”を 失敗させない秘訣

2021-10-04(月) 18:00~19:30
HRtech“投資”を 失敗させない秘訣
イベントに申し込む

イベント概要

前例が少なく、投資対効果の証明が難しいものには、なかなか始めの一歩を踏み出せないものです。
人事システム「COMPANY」を創られた牧野さんも、創業当時は顧客企業のそのようなジレンマに打ち勝ちながら、結果的にはエンタープライズ企業の約3分の1への導入を果たしました。
「Panalyt」が提供するようなピープル・アナリティクスツールも、前例が少なく投資対効果の証明が難しいものの代表格です。人事データ分析のインフラ整備を通じて、顧客企業は組織・人事の意思決定の仕組みを高度化することに成功していますが、活用が進んでいる企業は限定的です。
それぞれの時代で、前例が少ない中でも「ファースト・ペンギン」として投資・導入に踏み切った企業は、何を考え、何を期待し、どのような恩恵を受けられてきたのでしょうか?
パナリットは “Small start, Quick win”(小さく始めて、成果を素早く積み重ねる)が成功への近道だと考えていますが、その方法論だけでなく、HRテックの歴史を紐解きながら、今後の組織・人事のあり方に対するインサイトをお届けできればと思います。

開催概要

参加形式

Online

参加方法

参加申込後、URLをご案内いたします。

対象者

人事部長・企画、人事アナリスト、経営者、経営企画部 など

参加費用

無料

出演者

牧野 正幸

株式会社パトスロゴス 代表取締役

1963年、兵庫県生まれ。新卒で大手建設会社に入社後、システム開発会社を経て、1994年に情報システム構築のITコンサルタントとして独立。1996年、阿部孝司(現:COO)、石川芳郎(現:CTO)とともに株式会社ワークスアプリケーションズを設立する。2001年、JASDAQ市場に上場を果たし、代表取締役最高経営責任者(CEO)に就任。同社の製品であるERPパッケージソフト「COMPANY」は、人事・給与システム分野において11年連続でトップシェア(2002~20012年人事給与ソリューションのライセンス売上高シェア(エンドユーザー渡し価格ベース))を獲得している。また、人材採用にも注力しており、独自の採用制度『問題解決能力発掘インターンシップ』は、学生のみならずメディアから高い注目を集めている。

小川 高子

Panalyt inc. Co-founder & Head of Japan

新卒でワークスアプリケーションズに入社。Google Japanに転職後は採用·人材開発業務に従事し、2015年よりGoogle 米国本社にてStrategy & Ops部における Sr.プロジェクトマネジャーとして、Googleの全社的な人事制度改革、人事戦略業務に従事。2014年のAPAC People Operationsサミットで MOST INNOVATIVE & CREATIVE AWARDを受賞

Chi Tran

Panalyt inc. Co-founder & COO

BCG・リクルート・Googleを通じ、データを軸とした意思決定プロセス構築・インサイト発掘・ソリューション開発に強みを持つ。リクルートでは草創期の海外事業のビジネスパートナーとして、11拠点の事業計画・KPI・オペレーション設計などの事業推進を支援し、当時最年少の幹部候補に選任。GoogleではマーケティングROIの効果検証プロセス設計・実行支援の他、感性(クリエイティブ)とデータを融合した新規ソリューション開発をリード。APAC地域のベスト5コーチにも選出